事業内容:電磁誘導探査|株式会社ネイヴ|ネイヴはX線、レーダーを用いたコンクリート非破壊検査を行っています。

事業内容
TOPページ > 事業内容:エックス線透過法
探査・調査・試験

エックス線透過法

コンクリート内部の調査

既設のコンクリート壁、床を貫通する際、非破壊検査による事前調査が必要になります。穿孔、切断工事ではコンクリート内の配線、配管などの損傷は重大な2次災害の原因となります。エックス線透過法によるコンクリート中の障害物探査は、最も信頼されている探査法として幅広く利用されています。

設備配管の老朽度調査

経年劣化が最も顕著に現れるのが上下水の設備配管です、なかでも耐食性の低い配管設備では腐食による漏水やスケール堆積による閉塞で施設の機能を停止させる危険性があります。エックス線による調査では局部的な腐食や継ぎ手部など形状、材質を問わずに不断水で休止することなく老朽度の調査が可能になります。

耐震診断を対象とした調査

耐震診断の構造計算では鉄筋の径、配筋ピッチ、かぶり深さやブレス等の設置状況を把握する必要があります、当社のエックス線透過調査ではコンクリート厚みが350mmを超える柱、梁の鉄筋などを定量的な調査を行います。設計図書で不明な箇所や確認を要する場合にご利用ください。

文化財の老朽度調査

文化財は、つくられて50年以上を経過した登録有形文化財などで整備・修復・防災点検といった文化財保存事業が必要になります、エックス線の構造物調査は無傷の状態で内部の異常を調べることができ、的確な修復、整備計画の基礎資料としてご利用ください。

国内外の規格に対応した調査

エックス線の透過調査は日本でもJISをはじめ複数の規格が存在し、各国でもさまざま用途で規格が設けられています。当社のエックス線撮影技術は鋼構造物、ケミカルプラント、造船、航空機などJISをはじめ多くの規格に対応した透過調査が可能です、一度ご相談ください。