事業内容:レーダ探査|株式会社ネイヴ|ネイヴはX線、レーダーを用いたコンクリート非破壊検査を行っています。

事業内容
TOPページ > 事業内容:レーダ探査
探査・調査・試験

レーダ探査

鉄筋コンクリートの配筋ピッチとかぶり厚の測定

鉄筋コンクリートの表面から高周波の電磁波を内部に向け放射し、鉄筋や空洞などで跳ね返って来た反射波の時間、強度、波形により反射物までの深さや反射物が何であるか推定が出来る。探査方法は送受信のアンテナを格子状に2方向で走行させ反射物の方向性と大きさを求めます。探査深度についてはd=200mm程度の測定を行います。

地中埋設物の探査

水道、ガス、電力などのライフラインなどの埋設管路の調査や陥没事故などの危険性のある道路直下の空洞探査など地中レーダーは調査は有効な方法です。探査方法は地表面を走行させるため起伏の影響があります、探査深度はd=2m程度の範囲が可能です。

埋蔵文化財の調査

考古学での遺跡調査でも地中レーダーが利用されます。また、埋蔵文化財包蔵地の地域では住宅を建てたり、土木工事などをおこなおうとする時や、開発事業をおこなおうとする場合の事前調査が必要になります、広範囲な調査が必要な場合には事前に地中レーダーによる事前調査をお勧めいたします。